男の人

自分で改善できない薄毛もharg療法で治せる|医師に相談して解決

頭皮に積極的にアプローチ

男性

育てるのか、生やすのか

薄毛や抜け毛に悩む人が使うものの中に発毛剤があります。これはその名前の通り髪の毛を作る毛母細胞に直接作用して新しく髪の毛を発毛させることが目的になっている薬です。育毛剤もよく利用されていますが、育毛剤は今ある髪の毛が抜けてしまうのを防ぐことと成長を促すことが目的で、あくまで現状を維持してこれ以上悪くならないようにしようというものです。それに対して発毛剤は髪を生やすという積極的なアプローチを行うものなのです。発毛剤はドラッグストアでも薬剤師がいなければ販売できない医薬品となっています。医薬品を含んでいるので使用方法に注意が必要なため、薬剤師がいなければ販売できなくなっています。これはそれだけ効果が期待できるものという意味でもあります。

購入時の注意点

現在、日本で発毛効果があるとして認められているのはミノキシジルが配合されているものです。ミノキシジルが配合されている発毛剤はドラッグストアなどで購入することが可能です。購入の際には「発毛効果がある」と記載があるものを購入しましょう。広義の意味で育毛剤であっても発毛剤と間違えるような表現がしてある商品もあります。薬事法によってはっきりと「発毛効果がある」と記載できるのは髪の毛を発毛させる効果があるものだけになっているためです。また、発毛に必要な成分は配合されていますが効果を実感するためにはまず頭皮を清潔にすることが重要だと言われています。シャンプー後の清潔な頭皮ならば発毛剤の成分がしっかりと吸収されやすくなります。